研究ハイライト

金属材料研究所研究部門の研究

材料照射工学研究部門の研究

長谷川雅幸 他

原子力関連の鉄鋼(圧力容器鋼用低合金鋼やそのモデル合金など)やガラス(放射性廃棄物ガラス、石英ガラスなど)から半導体(シリコン、ダイヤモンドなど)などの照射欠陥、格子欠陥、超微小析出物((サブ)ナノ粒子)の形成とその構造などを解明する目的で、陽電子消滅(2次元角相関、同時計数ドップラー広がり、陽電子寿命など)、電子スピン共鳴、光吸収、電子顕微鏡などの実験を行っています。

面心立方銅(バルク)および鉄中に析出した体心立方銅(ナノ粒子)のフェルミ面と陽電子消滅2次元角相関(2D-ACAR)の異方性スペクトル。それぞれの最近接ブリルアン・ゾーンに接触するフェルミ面の突起(ネック)[(a),(b)図中の矢印]に由来する2D-ACAR異方性の正のピーク(橙)[(c),(d)]が観測される。この方法によって、埋め込みナノ粒子の電子構造が明らかにされる。このような銅ナノ粒子が原子炉圧力容器鋼照射脆化の主 原因である。


研究ハイライトへ戻る

ホーム │ センター概要 │ 研究・教育 │ 実績 │ 施設・装置 │ 材料照射 │ 施設利用情報 │ 連絡先・アクセス │ 関連リンク