高専インターンシップ

平成25年度
高等専門学校学生大洗原子力インターンシップご案内

東京電力(株)福島第一原子力発電所の廃止措置は、今後30〜40年続くと予想されており、継続的な対応には人材育成が欠かせません。また、これからの原子力安全の実現に向けた人材育成が重要課題となっています。
今年度は、独立行政法人 日本原子力研究開発機構、日本核燃料開発株式会社にご協力頂き昨年までの材料研究を中心にした教育に加えて、廃止措置関連技術の教育をプログラムに取り入れて実施します。
原子力に興味があっても研究や実務の具体的なイメージを描けない場合が多いかと思います。本インターンシップでは、3機関のホットラボを連携して原子力関連研究や実務の見学実習を通して、学生が現場の具体的なイメージを描けるように指導します。



1.日  時 平成25年8月26日(月)〜8月30日(金)

2.場  所 ・東北大学金属材料研究所 附属量子エネルギー材料科学国際研究センター
                 茨城県東茨城郡大洗町成田町2145-2
              ・日本原子力研究開発機構 大洗研究開発センター
                 茨城県東茨城郡大洗町成田町4002
              ・日本核燃料開発株式会社(NFD)
                 茨城県東茨城郡大洗町成田町2163

3.実施概要 (詳しいプログラムは後日お知らせします)
      1)放射線の基礎知識
      2)照射試験技術および照射脆化の評価
      3)照射脆化のミクロ因子の観察・分析
      4)廃止措置関連技術
      5)レポート作成と成果発表

4.参加費  無料。参加者には、旅費・宿泊費を支給します。

5.申し込み 参加ご希望の方は、学校ごとにとりまとめ頂き、参加者の氏名・学年・住所を
            下記までメールでお知らせ下さい。

 東北大学金属材料研究所附属 量子エネルギー材料科学国際研究センター
 業務部   E-Mail:kyodo@imr.tohoku.ac.jp     TEL:029-267-3181
  締め切り 平成25年7月26日(金)
 
ホーム │ センター概要 │ 研究・教育 │ 実績 │ 施設・装置 │ 材料照射 │ 施設利用情報 │ 連絡先・アクセス │ 関連リンク